こめた思い

投稿日: カテゴリー: 未分類

時代とともに様々に文化の価値が変わり、好まれるスタイルが変わってきたのでしょう。

日本でRevue文化が盛んであった頃は知らないけれど、

ふと感じるのです。

劇場やテーマパークでショーを観て、理屈ではないときめきと興奮に包まれる感覚。

 

生の演奏だからこそ、

生の歌声だからこそ、

生の人間がその瞬間に生み出しているものだからこそ、

感じる温かさやきらめきだと思うのです。

 

様々な障壁があるけれど、

こんなに楽しいと感じる空間が少なくなっていることが残念で仕方がありません。

 

ご夫婦や恋人、大切な仲間と・・・もちろん一人でゆっくりと。

私たちが作り上げる舞台が、

日常をよりキラキラとさせるエッセンスとなることを願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です